2010年06月11日

小児心臓移植、候補に6施設=7月施行前に―関連学会協議会(時事通信)

 7月の改正臓器移植法施行を控え、心臓移植関連学会協議会は4日、実施施設認定審議会を開き、小児の心臓移植実施施設の候補6病院に関する審議を行った。1カ所を視察した後、移植関係学会合同委員会に推薦する施設を28日に決定する。
 改正で新たに可能となる小児の心臓移植の実施施設には、成人の実施施設の東京大病院、東京女子医大病院、大阪大病院、国立循環器病センター、九州大病院のほか、岡山大病院が申請。新規の岡山大について、書類審査に加えて視察を行う。
 このほか成人実施施設として新たに北海道大、埼玉医大、岡山大が申請しており、視察後に決定する。 

【関連ニュース】
運転免許証に意思表示欄=臓器提供、様式見直し
夫から妻へ、角膜移植が終了=改正移植法の一部施行後初
心臓移植の募金呼び掛け=拡張型心筋症の1歳女児
角膜移植、初の親族優先=関東地方の夫から妻へ
移植法改正の認知3割止まり=関心は6割、周知に課題

国家戦略相事務所費「党で調査中」と官房長官(読売新聞)
首相辞意に平野長官が号泣(産経新聞)
菅内閣が今夜発足へ 11閣僚が再任(産経新聞)
首相臨時代理、仙谷氏が1位(時事通信)
<菅内閣>政策の行方は? 公約見直しも視野(毎日新聞)
posted by トオヤマ タダヨシ at 11:51| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

雑記帳 田植え選手権 187人が正確さ競う 岩手・奥州(毎日新聞)

 田植えの速さと正確さを競う「全日本田植え選手権大会」が26日、岩手県奥州市胆沢区の県立水沢農業高で開かれた。17チーム187人が一般と高校生の部に分かれ、手植え「競技」を楽しんだ。

 長さ約100メートルで、1チーム11人が苗を入れたかごをリレーする方式。1人が1株3本ずつ約8メートルの範囲に植えていく。植える深さは3センチ。深すぎても浅すぎても、審査員は容赦なく減点する。

 雨で植えにくい中、指先に3センチの目印の線を引いた宮城県立小牛田農林高が初優勝し、唯一の県外勢に敗れた地元選手は「作戦負け」と敗北宣言。この悔しさは雨と一緒に水に流したい?【湯浅聖一】

携帯ロック解除、来年4月=義務化は見送り―総務省指針案(時事通信)
ツイッターで民主党参院議員16人のなりすまし出現 大半が改選期で困惑(産経新聞)
普天間、環境への配慮要請=対北連携を確認―日米防衛首脳(時事通信)
元税理士の男を不起訴=元妻の娘との婚姻届提出―神戸地検支部(時事通信)
三味線など150点灰に…芸妓組合事務所が全焼(読売新聞)
posted by トオヤマ タダヨシ at 15:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。